商品検索
カテゴリから探す
ご予算・価格で探す
ご予算・価格で探す
営業日カレンダー
2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
は定休日です。
定休日のみお問い合わせのメール返信・電話の対応をお休みさせて頂いております。ご注文は年中無休でお受けしております。
 

トップ > 極上のみそ漬 > 【極上大ぶり】キングサーモンのみそ漬≪化粧箱入≫3切

【極上大ぶり】キングサーモンのみそ漬≪化粧箱入≫3切

【極上大ぶり】キングサーモンのみそ漬≪化粧箱入≫3切
商品内容
3切、箱入りタイプ
賞味期限
10日間(冷蔵保存)
【お届け日につきまして】
最短発送をご希望の場合は、「指定日無し」でご注文下さい
受注確認から約3日でお届けします。
関連商品の価格帯
クール便ギフト対応
商品コード : 0109-002
価格 : 2,700円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
キングーサーモンのみそ漬
キングーサーモンのみそ漬
商品タイトル
new志ほやのみそ漬の新商品。脂ののったキングサーモンを極上の白味噌で味わう。
キングーサーモンのみそ漬
熟練の職人技 サーモン食通から高い評価を得ている志ほやのみそ漬の新商品、キングサーモンのみそ漬。さわらのみそ漬でお馴染みの極上の白味噌と、抜群の相性のキングサーモンを志ほやの伝統製法で、他店では味わえない上品な味に仕上げました。
さらに特大の切り身は、圧倒的な存在感と脂ののった身が食欲をそそります。専用の大樽に入っているので、インパクトも十分の逸品です。
こちらの商品は化粧箱入りタイプとなります。
みそ漬1番人気のさわらとの詰合せ箱入りタイプ(さわら・キングサーモンの詰合せ)もございます。
道具が語りかける職人の心と技
昔から道具を見れば大工の腕がわかると言われていますが、それは志ほやの職人にとっても同じこと。(3枚におろすには刀身の長い刺身包丁が最適)
毎日使うものだから、日々の手入れは欠かせないもの。包丁を研ぎながら「道具を見れば作り手の心と技がわかる。」と職人は言う。
たった半年の使用でこの違い、もちろん使い手によって形も違う。
職人の道具
使い始めた頃の包丁(上)と半年間使い込んだ包丁(下)
キングサーモン
↑脂ののった大ぶりキングサーモンの切り身。白味噌との相性も抜群。
他の店では決して味わえない秘伝の隠し味1
みそで旨味を閉じ込める サーモン切り身まず最初に、切り身にした大ぶりのキングサーモンを味噌の上に並べていきます。
全ての切り身に均一に味噌が漬かるように並べるには、職人の勘が必要となります。
そして志ほやのみそ漬けは、ここからの作業が極めて重要で味噌に漬け込む前に、隠し味のタレを表面に塗ります。たったこれだけの作業で風味、味わいが格別に良くなると職人は言います。
仕上げに長年研究を重ねた末に誕生した、白味噌にじっくり漬け込むことで、身が一段と引き締まり、極上のみそ漬けに生まれ変わります。
リピーターが多い志ほやのみそ漬けは、他の店では決して味わえない秘伝の味噌と隠し味から生まれます。
食べ方、包装にも老舗のこだわりを
1、アルミホイルの上に切り身を置く
1,切り身をアルミホイルの上に置きます。
2、オーブントースターで焼く
2,上にもアルミホイルを被せて焼きます。
美味しいみそ漬の焼き方
1味噌から切り身だけを取り出して、そのままアルミホイルの上にのせます。
2上にもアルミホイルを被せてオーブントースターに入れて焼きます。
※途中で様子を見ながら焼き時間を調整してください。
3中まで火が通ったら上のアルミホイルを取り除いて、表面に少し焦げ目をつけると風味が増して美味しくなります。
※オーブンレンジ(おすすめ)、グリル、炭火などでも調理できますが、直火で焼くと焦げやすいので、アルミホイルを被せて弱火でじっくり焼くのがポイントです。
志ほやでは、切り身の上下にガーゼを敷いて、簡単に中身だけを取り出すことがでるように工夫しておりますので、拭く手間がいりません。
志ほやのギフト包装
ご家庭で老舗の味を簡単に再現できるように、調理方法の説明書も同封しておりますので、初めての方でも安心して召し上がっていただけます。
それぞれ専用の紙で、丁寧に包装しておりますのでギフトにもおすすめです。
3切入った箱入りタイプ(3切×1箱)(箱の大きさ:13cm×21.5cm×4cm)
包装イメージ